突然身体に出て、激しいかゆみを伴う蕁麻疹に悩まされたことがある人も多いのではないでしょうか。
軽いアレルギー反応を起こしているだけの時や、神経の変化に伴うちょっとしたものであることも多い蕁麻疹ですが、中には命にかかわる事態に発展する可能性のある恐ろしいものです。
よく蕁麻疹が出る人は特に、原因と対処法をしっかりと理解しておくことが必要です。

蕁麻疹の主な症状は、おなかや背中などをはじめとして全身に出る皮膚症状で、丘疹となって腫れてくることもあればただ赤く皮膚に色がつくだけのこともあります。
多くの場合はかゆみが伴い、時間の経過とともに全体がくっついて大きくなっていきます。

蕁麻疹の原因には様々なことが考えられます。1番有名なのはアレルギーによるものです。
アレルギーとは、本来であれば身体に害のない物質に対して身体の中の免疫が誤作動を起こし、その過剰防衛によって様々な症状が現れることを言います。
化粧品や洗剤などをはじめとして、皮膚に接触をしたものに対してアレルギーを起こし、蕁麻疹が出ているかもしれません。
金属やゴムなどでも発症する可能性があるので、ゴム手袋やアクセサリーに不安がある人は病院で検査を受けることをおすすめします。

また、皮膚に接触していなくても食べ物や花粉など体内に摂取したものによって蕁麻疹が出ることもあります。
特にアレルギー体質の人では、小麦やそばに対してアレルギー反応を起こすことがあります。
日光や圧迫、汗なども原因となるので、皮膚に何か負担がかかっていなかったか見直してみると良いでしょう。

次に原因として考えられるのはストレスや睡眠不足などによる自律神経の乱れです。
特に子供に多い蕁麻疹としては寒冷蕁麻疹というものもあります。
外で遊んで冷え切った体がお風呂や室温で急激に温まることによって皮膚に症状が出ます。

蕁麻疹とともに呼吸障害や血圧低下、下痢などを起こしているときはアナフィラキシーを発症しているかもしれません。
アナフィラキシーとはアレルギーの重篤な症状の1つで、処置が遅れると最悪の場合命を落とす可能性が高いです。
何かがおかしいと感じた場合は一刻も早く救急車を呼び、救急隊員にはアナフィラキシーの可能性を伝えておくと良いです。

蕁麻疹の予防方法とは?

では、蕁麻疹を予防するためにはどのような対策をとればよいのでしょうか。
自律神経によるものであれば、ストレスを取り除いたり、質の良い睡眠をとることによって自律神経のバランスを整えるのが最も良い予防方法です。

また、食べ物や皮膚に接触したものによるアレルギーが原因として考えられる場合は、まずはアレルゲンの特定のために検査を行うことをおすすめします。
皮膚科や耳鼻科などで行うことが可能です。

普段は問題なく食べている食べものであっても、運動や身体の状態によってアレルギーの原因となる場合があります。
食後に激しい運動をすると、消化活動に十分な血液が送られず、消化が十分でないまま食べ物が腸に流れていってしまいます。
いつもであれば胃で消化されるためにアレルゲンにはならないものが直接腸で取りこまれてしまうと、アレルギー反応を起こす可能性があり大変危険です。
また、運動以外に入浴や睡眠などでも誘発される可能性があるため、注意しましょう。

元気な時には大丈夫なものでも、身体が弱っているときには拒否反応が出るときもあります。
特にアレルギー体質の人では、疲れがたまっていると感じるときにはアレルゲンとなる食品を避けることをおすすめします。
誘発型のアレルギーを起こしやすい代表的なものは小麦です。

万が一蕁麻疹が出てしまった場合は、かゆくてもかかないようにすることが大事です。
大人であれば我慢できるかもしれませんが、子供はかゆみに耐えられずかき壊してしまうこともあります。
蕁麻疹の特徴は引いてしまえば何の跡も残らないことですが、かいて傷を残してしまうと綺麗に治るまで時間がかかってしまいます。
温めるとかゆみが増してしまうので、保冷剤や濡らしたタオルなどを使って冷やしてかゆみを軽減しましょう。