花粉症に良く効くと言われるジルテックですが、セチリジン塩酸塩を主成分とする第2世代抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミン薬はアレルギー症状の原因であるヒスタミンをブロックする働きがあります。
花粉による鼻症状以外にも、アレルギーによる皮膚疾患にも効果を発揮します。
第2世代とある様に、第1世代の抗ヒスタミン薬があります。
第1世代は副作用として眠気がありましたが、その副作用を緩和して改良されたのが第2世代抗ヒスタミン薬でありジルテックです。

ジルテックは第2世代抗ヒスタミン薬の中でも効果が比較的強くて即効性があります。
1日1回の使用で効果が持続するので、負担が少ないのも特徴です。
ジルテックには錠剤とドライシロップの2種類があり、ドライシロップの服用方法は粉薬を水に溶かして飲むだけです。
水に溶かさずにそのまま粉薬として服用する事も可能です。
ドライシロップは糖類が含まれているので、苦い薬や錠剤が苦手な方に向いています。
成分や効き目も同じなので、処方される際は年齢等も加味して処方されます。
第1世代の抗ヒスタミン薬の副作用を抑えた第2世代とは言え、完全に副作用を取り除けたわけではありません。

あくまで緩和したもので、ジルテックは第2世代の中では効果が強い反面、副作用も強いです。
もっとも多いのが眠気であり、続いて倦怠感・口の渇きになります。
しかし副作用の発生度は低く、臨床試験データによると最も高い眠気で6%程です。
倦怠感や口の渇きは1%に満たない発生度であり、副作用の心配は正しく使用するとないと言えます。
重篤な副作用はないですが、服用後の体調変化は確認しておく必要があります。

めったに起こらない重篤な症状としてはアナフィラキシー様症状や痙攣等です。
当然の事ですが服用方法や飲み合わせ、注意事項は確認し、指示通り服用する事が求められます。
テオフィリン・リトナビル・中枢神経抑制剤・ピルシカイニド塩酸塩水和物は飲み合わせに注意が必要です。

ジルテックを長期間服用するなら肝機能検査を受ける

ジルテックは、かつては病院でしか処方されない抗ヒスタミン薬でしたが、現在はドラッグストア等で手軽に手に入れる事ができる様になっています。
第2世代の抗ヒスタミン薬は市販で販売されているほどですので副作用の心配は少ないです。
しかし長期間使用となると注意は必要です。

ジルテックは稀ではありますが肝機能に影響を及ぼす事が報告されています。
肝機能障害や黄疸といった肝臓への影響や血小板の減少に影響する事が報告されていますが、用法用量を守って使用する中で発生することは稀です。
ただ、稀とは言え薬の成分を分解する際、肝臓に負担が掛かるのは当然のことです。
長期間服用する際は、報告がある以上血液検査や肝機能検査で数値を確認してもらう方が安心です。

また、一般的に長期間の服用は問題ないと言われているのは、上記の様に重篤な副作用が少ないからですが、身体が慣れてくる事は十分に考えられます。
抗ヒスタミン薬のジルテックは治療薬ではなく、症状を緩和するものです。
自然に治すものではないので、アレルギー症状が治まるまではある程度の期間服用する事にはなります。
身体が慣れてきて効き目が薄くなった場合、1日1回で良いのに2回などに増やす方もいますが、そうすると肝臓への負担も増します。

あくまでも用法用量を守った場合に障害が起こらないと言われており、守らないとダメージが蓄積されていくことになるので注意しましょう。
なお、服用する際に注意が必要な人として、腎障害・肝障害がある方と記載されています。
持病をもっていても服用が禁止されるわけではありませんが、使用には慎重を要すとあります。
長期間ジルテックを服用する場合、健常人はそれ程気にしなくて良いですが、肝臓や腎臓が悪い方は肝機能検査や腎機能検査、血液検査を受ける事が推奨されています。