ザイザルという抗ヒスタミン薬は、アレルギーによる皮膚疾患にとても良く効く薬です。
それに、花粉症治療にも効果があることが知られていて、花粉症患者の中には皮膚科を受診して医師にこの薬を処方してもらう人も多いようです。
ただし、強い効果のある薬には副作用も多いことから、このザイザルを服用する際も、ある程度の副作用は覚悟しておいたほうが良いとされています。
その副作用として多いのが眠気を催すことです。

ザイザルは、効果が強い一方で強い副作用のある第一世代と呼ばれる薬の副作用を抑えるために開発された、いわゆる第二世代と呼ばれる薬です。
しかし、眠気などの副作用は完全に抑えられていません。
市販されず手軽に購入できないのは、そのためでもあります。医師による健康管理が必要とされているからなのです。

しかも、日本にはザイザルのジェネリック医薬品がないため、医師の処方箋なしでザイザルと同じような効果のある薬を安価に手に入れるのは難しくなっています。
しかし、まったく方法がないというわけではありません。
海外で開発されたジェネリック医薬品をインターネットの通販サイトを介して購入すれば良いのです。
ザイザルというのは、レボセチリジンという抗ヒスタミン薬の商品名であり、これに対して海外で開発されたジェネリック医薬品では、クレブロスという名前の薬が一番人気のようです。

クレブロスの場合、服用の仕方もザイザルとほぼ変わりがないため、とても利用しやすく人気があるのです。
海外発のザイザルのジェネリック医薬品を通販サイトで購入するには、個人輸入という方法に限られます。
ビジネスとして輸入することは禁じられているということです。
もし、継続して服用する予定でいるなら、個人輸入で一度に大量に購入するほうが割安になります。

ただ、海外サイトとメールでやりとりしなければならず、語学力が多少は必要になります。
しかし、その手間も省きたいという人や輸入の際のトラブルを防ぎたいという人には、個人輸入代行を利用するという方法があります。
代行業者を介しての購入なので価格も少し高くなりますが、その分を差し引いても利用価値はあります。

ザイザルにはシロップタイプのものもあります

アレルギー性の皮膚疾患や花粉症の治療にとても効果のあるレボセチリジン塩酸塩という薬を商品化したものがザイザルです。
日本にジェネリック医薬品がなく、格安に手に入れたいなら海外からの個人輸入に頼らざるを得ないのが現状です。
しかし、ほどなく開発されるのではないかとも言われています。
そのザイザルの服用方法は、成人では一日一回5ミリグラムの錠剤を就寝前に服用するというものです。
服用の早期から効果が現れて、薬効の持続時間も長いことから一日に一回の服用でよいとされているのです。

しかし、ザイザルには子ども用のシロップタイプのものも開発されていて、こちらは、7歳以上15歳未満の小児で一日2回、朝食後と就寝前に服用するようになっています。
服用するのが副作用の出やすい子どもであり、服用回数も多いので、誤った服用をしないよう十分注意しなければなりません。

ザイザルの副作用に関しては、製薬会社が試験を行っていますが、大人で3.6%の副作用が、子どもでは4.2%の副作用が確認されたとのこと。
大人よりも子どものほうが副作用の出やすいことが結果として出ており、子どもに服用させるときは、やはりかなり注意しなければならないのです。
大人は錠剤で服用するため、それほど誤飲などはありませんが、子ども用のザイザルはシロップタイプになるため、きちんと使用量を計って服用するようにしなければなりません。

医師が指示した用法と用量をきちんと守って服用するように心がける必要があります。
ザイザルの副作用に関しては、第一世代の薬と比較して、眠気や口の渇きといった部分はかなり抑えられているとされてはいますが、服用の際は、念のためにも車の運転や重機の操作は控えたほうがいいでしょう。